SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
PRODUCTS
FULL RACE PRO TEAM
FULL RACE
FULL CARVE
RACE Jr.
FORCE PRO TEAM
FREE SOLO
SG Plate Systems
ACCESSORIES

2013-14 MODEL
2012-13 MODEL
2011-12 MODEL
2010-11 MODEL

FULL RACE TITANAL 2011
194,250 YEN
157 / 163 / 170(new) / 175 / 180(new) / 185


チタナルレイヤー、カーボンファイバーによる最適なトーション設定、ラバー振動吸収システム、ナノカーボンベース、高速時にムダに振動することのないノーズ形状。全てはレースやハイスピードでのパフォーマンスを可能にするために。
新たなレングス設定で、選択の幅が広がりました。シェイプや構造は、Pro Teamモデルと同じです。



・サンドイッチウッドコア構造
・Titanalとカーボン・ラバー・ケブラーのダンパリングシステム
・アルミ製テールバー
・ナノカーボンベース
・ハンマーヘッドノーズ
2010モデルとの変更点
・ウッドコアバランスの見直し
・カーボンファイバーの30%増量
・フレックスはほんの少し柔らかく
・トーションはほんの少し硬く



西原秀彰コメント(185 使用)
ノーズに張りがあり、特にターンのとらえからピークにかけて、ノーズの強いグリップを感じる。フレックスポイントが前足のちょい後ろ付近にある感じがし、テールのパワーが爆発的な推進力につながる感じ。ターンのとらえ〜ピークにかけてのプレッシャーで前に走る感がすごく強い。
<セッティングデータ>
スタンス:52cm、アングル:前足57° 後足51°、プレート:なし、使用バインディング:Ibex
川口晃平コメント(185 使用)
一言でいうと、世界一の板です。
はっきり言って、簡単に乗れる板ではないです。重量感、安定感、遠心力、重力、反発力を推進力に変える力はまさに群を抜いています。しかし、操作性は若干劣ります。逆をいうと、乗り手は操作するだけ良いんです。このように、板は安定とスピード、乗り手は操作というように役割分担がしっかりとできている板です。前年度と比べてさらにパワフルになりました。フリーランをするだけで乗り方を教えてくれる板なので、伸び悩んでいる人とかに乗ってもらいたい板ですね。今まで怖くて板を立てることができなかった人でも、安心して思いっきり板を立てられるそんな板です。
<セッティングデータ>
スタンス:48cm、アングル:前足60° 後足55°、プレート:ACTIVE PRO FLEX 晃平バージョン(非対称)、使用バインディング:F2
工藤英昭コメント(163 使用)
SLゲートトレーニングで09-10モデルと10-11モデルを1RUNごとに、乗り比べました。アイスバーンで非常に難しいコンディション。09-10モデルは、10月のヨーロッパから乗りなれているので普通に違和感無く乗れていました。10-11モデルは、09-10モデルに比べると微振動が非常に少ないのが印象でした。きっと、ラバー素材が吸収していると思います。
09-10モデルは、ウッドの微振動が足の裏に「ゴリッゴリッ」っと、感じましたが、10-11モデルは、「コッコッコッ」って感じでアイスバーンの氷を切って行く感じ!コースコンディションが悪くなればなるほど、10-11モデルのカービング中の安定感が目立ちました。あきらかに、10-11モデルの完走率が良かったのでプロツアー最終ロイヤルヒル戦で使う事を決意しました。この安定感は、ノックダウンでコンスタントにタイムを出すには、最高の板でしょう!綺麗な雪質だとわかり難いですが、アイスバーンだと明らかに違います。
<セッティングデータ>
スタンス:50cm、アングル:前足57° 後足39°、プレート:アクティブフレックス、使用バインディング:BURTON フィジックス
身長:168cm、体重70kg、足のサイズ:25.5cm
工藤英昭コメント(185 使用)
全体的に張りがある感じでした。若干、09-10モデルよりノーズが柔らかく感じたので少し前加重で乗るとノーズから雪面を捉えはじめ、ガツンとカービングをして行く。やはり、ハンマーヘッドは、ノーズ部分を先に噛ましてやって板を立ててやれば綺麗なカービングの弧を描いてくれます。
アイスバーンでは、なかったのでラバー素材の振動吸収性能は、わかりずらかったですがFULL RACE TITAN 163で立証済みなので問題なし。カービングをし、縦に落下しながら板が走って行く感じがたまらなく心地よく、185cmの長さを感じさせない操作性。どんなにスピードを出しても決して板がブレ無いのでしっかり踏み込めます。
<セッティングデータ>
スタンス:51cm、アングル:前足57°7度カント  後足39°7度カント、プレート:アクティブフレックス、使用バインディング:BURTON フィジックス
身長:168cm、体重70kg、足のサイズ:25.5cm


copyright