SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
PRODUCTS
FULL RACE PRO TEAM
FULL RACE
FULL CARVE
RACE Jr.
FORCE PRO TEAM
FREE SOLO
SG Plate Systems
ACCESSORIES

2013-14 MODEL
2012-13 MODEL
2011-12 MODEL
2010-11 MODEL

FULL CARVE 155,400 YEN
150(new) /157 / 163 / 170 /175 / 180

FULL RACE同様にアウトラインシェイプの変更はありませんが、これまたFULL RACE同様に「横の新型」というべき、新複合キャンバー形状と厚みのバランスの変更はカーヴィングをさらに進化させています。





木村桂子
来期のFULL CARVEシリーズは、今シーズンの内容に増してもっと安定感が増したのではないかと感じました。例えばFULL CARVE157ですが、2011モデルは回転性能がすごく良く廻りすぎ?、と思う程でした。ターン時に貯まったパワーが自分に戻り、ちょっと跳ね返されるようなシーンがあったのですが、2012モデルの157には、それがあまり感じることなく、次のターンにスムーズにベターッと入っていけるところが大きく変っていると感じました。そのような印象は、157に限らず全てのレングスに感じました。今まで以上に次のターンへスムーズに先行して行けますよ。
もう一つは、グットコンディション時は文句のつけようがないくらいのライディングがものすごく楽しめる事ッ!そうじゃない時もありますよね?!荒れたバーンだったり、アイシーなバーンだったり、そんな時でもFULL CARVEはライディングが楽しめます。しっかり雪を掴んでくれます。どんな雪質でも、どんなシーンでも楽しめるモデルだと思います。!

松井良容
FULL CARVE 180
落下する量がちょうど良くて、スピードが出すぎることなく気持ちよくターンできます。インサートのオフセットパターンが変更され、他のレングスとフィーリングがより近づいた感じがします。
FULL CARVE 170
163よりも切れ上がる印象はなく、ミドルターンで楽しく滑れます。どんどん加速していく感じはないので、スピードコントロール(ボードが自然とスピードを抑えてくれる)しながらゲレンデをクルージングできます。ミドル・大きめのショートターンが非常に気持ち良く、ゲレンデを遊ぶにはもってこいの1本。

後藤克仁
FULL CARVE 163
ターン中盤から後半にかけてボードの抜けがしなやかなので、ゆったりとしながら次のターンに入る事ができます。しっかり深回りをしても、きれいな弧を描いてくれますし、ボードを落下させたい時も下に向かって走ってくれます。いろんなラインでの滑走ができるので、滑りの幅が広がるボードです。
白川尊則
来季より、2期目を迎えるSG FULL CARVEですが、特にレースシーンにおいて、「メタル」ボードが主流であるという風潮がある中で、ここまで「グラスファイバー」ボードでも同じだけのパフォーマンスを出せるのか。それがファーストインプレッションでした。
メタルボードでないことからも、とても軽く、操作性という点だけに注目すれば、SG FULL RACEよりも、ターン中により細かな板の動きの調整ができます。板の走りも決してSG FULL RACEに引けをとらず、初めてアルペンボードを履かれる方から、これからレースにも挑戦していきたい方、とにかくフリーでカービングを楽しみたい方から用途は様々ですが、どんな目的を持った方でも、その要望に応えてくれるハイクオリティーボードです。

copyright