SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
PRODUCTS
FULL RACE PRO TEAM
FULL RACE
FULL CARVE
RACE Jr.
FORCE PRO TEAM
FREE SOLO
SG Plate Systems
ACCESSORIES

2013-14 MODEL
2012-13 MODEL
2011-12 MODEL
2010-11 MODEL

FULL RACE 2012 194,250 YEN
157 / 163 / 170 / 175 / 180 / 185

大きくアーチしているキャンバーを見ただけで、反発やフレックスが強くなっていると思うのは早計です。新開発の複合キャンバーは、荷重した際にノーズからテイルまで理想的にエッジプレッシャーをかけることを可能にしました。
ターン後半から次のターンに入るまでの板の走りが非常にスムーズになったレボリューションを体感してください。





松井良容
FULL RACE 163
グリップ力が高く、ボードが谷でしっかり走るので、どんどん加速していく感じ。ターン後半から次のターンまでのつなぎが非常にスムーズ、適度な反発と板の進んでいく方向がマッチしている。
FULL RACE 180
FULL CARVE 180同様、インサートのオフセットパターンが変更されさらに乗りやすくなったと思います。180という長さを感じさせないボードの安定感や挙動が心地いいです。185に抵抗がある人は180を。
FULL RACE 185
昨年と比べ、ノーズのとらえが非常にスムーズ。雪面への張り付き感とスムーズさが増したので、昨季180だった人は185にトライしてみては?!

川口晃平
FULL RACE 185
FULL RACE 185は、重量感とメタル特有の雪面に張り付く特性によりエッジのホールド感が増大し、安定性に優れています。
また、アウトラインの形状により、ターン前半で板に与えた圧力がターン後半で推進力となって加速するため、スピードを求めるユーザーの欲求を満たしてくれる板です。重量感の増大やサイドカーブが浅くなるため、低速時の操作や細かいターンなどは従来の板からは少し難しくなりますが、滑り方を教えてくれる板でもあるので、技術向上を目指している方にぜひ乗ってもらいたいです。
FULL RACE 163
FULL RACE 163も概要はFULL RACE185と同じで長さの違いだけだと思います。昨シーズンから比較すると板全体に張りがあるにも関わらず、マイルドなターンができる感覚を受けました。FULL RACEはレースで勝つために開発された板ですが、板自体の安定性に非常に優れているので、安心して板に身体を預けられます。雪面スレスレにまで身体を倒しこんで、板を90度近く立てることができますので、レーサーだけでなくカーヴィングを楽しむ方の欲求も満たしてくれると思います。

白川尊則
ノーズの形状がハンマーヘッドになってから4期目の来季モデル。初期の2008-2009モデルは、これまでのSG FULL RACEの中で、全体のバランスが最もハードな作りとなっており、完全なるレース嗜好のスノーボードでした。2009-10モデルでは、ノーズによりしなやかさを持たせた作りとなり、ノーズの雪面への捉えを柔らかくし、初期モデルよりも操作性が増しました。2011-11モデルでは、さらにテール部分のバランスもしなやかにさせることで、従来のSG FULL RACEの中で、最もしなやかでフレキシブルな板となり、SGに対する「かたい」というイメージを払拭させるスノーボードなりました。そして、来季の2011-12モデルは、そのフレキシブルさを保たせながらも、新設計のキャンバー形状により、操作性と縦に落ちるスピード感のバランスが、最も取れたボードへと進化を遂げました。雪面に張り付くようなエッジのグリップ感は従来通りの良さを保ちつつ、板の挙動や走りに関しては、カービングで深く雪面を切り込むようなターンはもちろんのこと、縦に縦に、下に下に落ちていくような限界までスピードをプッシュしたターンも可能にさせています。近年、特に今季の世界のSGライダー達のワールドカップにおける成績を見ても、ベスト16の内、半分を占める程になっています。世界各国の選手達が作り上げた最高のレースボードは、レースシーン以外でも最高の「カービング」をお届けします。

吉岡健太郎
こんにちは。SGのルーキーです!僕は今年からSG SNOWBOARDにチェンジしたので、前の板と比べることはできませんが、この板を選んだ理由について書きたいと思います。
昨年から活動の舞台が日本から世界へと変わりました。そこで今まで見ていたものとは違う壁を感じました。0.1秒でも速く滑るのが、アルペン競技です。そこに必要なのは体、心、道具。いい板に乗った時に、皆さんも最初から上手く乗る事が出来ませんか?まさにそれでした。自分のスタイルにマッチし、タイムが出ました。
1番、いいところは操作がしやすい!例えば板をスイングしたり、カービングをしたり…。
この板は自分を裏切りません。アルペン愛好者からレーサーまで全ての方が楽しめるモデルとなっています。
これであなたもスキー場のヒーローになれるかも???

copyright