SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
PRODUCTS
FULL RACE PRO TEAM
FULL RACE
FULL CARVE
RACE Jr.
FORCE PRO TEAM
FREE SOLO
SG Plate Systems

2013-14 MODEL
2012-13 MODEL
2011-12 MODEL
2010-11 MODEL


FULL CARVE  158,000yen+TAX 150 /157 / 163 / 170 /175 / 180




木村桂子
FULL CARVEのカラーリング、とてもエネルギッシュなオレンジで、
真っ白な雪の上にとても元気になれるようなビタミンカラーで最高です!!
やっぱり、FULL CARVEはフリーライドをそしてカービングを愉しむのに最高です。
180&163を試乗しました。80のサイズは、やはりトレーニングになります。
ボードから沢山のアドバイスがもらえます。例えば、ボードにプレッシャーをきちんとかけにいかないと
ボードがきちんと答えてくれません。どうしてもエッジングだけで、ボードをしならせるようなプレッシャーがかけられないで、ライドした線が細くなってしまう方(暴走君になりやすかったり)には、良い練習が出来ると思います。
ターン中にパワーを貯め、次のターンにそのパワーをリリースしていくような伸びのあるターンが楽しめると思いますし、そういうことを教えてくれるボードだと思います。
このFULL CARVEでゆったりとターンが楽しめれば、最高のカービングを味わえると思います。


小北聖子
■FULL CARVE157
セッティング:前55度、後50度、スタンス幅46cm
以前のFULL CARVEと比較して、安定感が増し、よりきれいにボードがたわむように感じました。
基本的な乗り方はFULL RACEと同じですが、踏んだ時の落下方向がFULL RACEに比べると巻くようなラインになります。
FULL RACEに比べると、より曲がってくれる感覚は安心感があります。
踏む量や荷重のポイントをボードに対して前後方向に調節することによりラインの調節ができます。


杉本孝次
FULL RACEでもお伝えしていますが、ノーズから入力される雪面情報が優しくスムーズにボード全体のしなりにつながる、バランスの取れたフレックスはFULL CARVEにも言えることです。
ラバーのシートが挟み込まれているグラスボードのフルカーブは、ウッドコアのしなり・もどりのレスポンスとラバーの振動吸収力が魅力です。乗り手としては、ボードをたわませ、そのしなり戻りも程よく足元におさまるレスポンスを意識して乗るといいかも。つまり荷重から抜重、そして次の荷重までコントロールする意識で乗るとフルカーブの回転力と操作性の高さを引き出せて楽しいと思います。

copyright