SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



プロレースに22年間全試合出場を続けるという前人未到の記録を継続中の杉本孝次
「なにか」を続けることの大切さ、その先に見えるもの。何かを続ける杉本の流儀とは



この夏、PSA20周年記念式典で特別功労賞を頂きました。
そして、プロとしては今年で22シーズン全試合連続出場を継続中となります。もちろん、まだまだ続けていきます。
それと同じくらい続けていること。それは寝る前に、本を読むことです。決して読むのが速く、内容の理解なども要領がよいとは言えませんが、こちらも今も続けることを心掛けています。そんな心掛けを持つようになったのは、19年ほど前に「7つの習慣」という本と出会ってからです。
「7つの習慣」とは、スティーブン・R・コヴィー博士によって書かれた人生を幸福に導く成功哲学の書物であり、最近でも改訂版や関係書物が沢山出版されていますから、ご存知な方も多いかと思います。この本は現在の私に大きな影響を与えた1冊となりました。
ちょうど20年前、国内のプロレースはもちろんのこと、海外のワールドシリーズや世界選手権など積極的に参戦していました。トレーニングを重ね、上達を常に意識し、選手としての成功を常に考えていた頃だと思います。今でも競技者としての成功とは、やはり勝つことだと思っています。
ちょうどその頃、長野オリンピック(新種目スノーボード初採用)に向けて各国が混乱していた時代でもあり、選考会に参加する選手、参加しない選手、勝つことよりもスタイルを主張する選手など、勝つこと以外の事を考えさせられたのもオリンピックがあったからだと思っています。
そんな時代の中、「自分にとっての成功とはなんだろう?」って考えていた時に出会ったのがこの本です。

この本を少し紹介すると、はじめの方のくだりに、「インサイド・アウト」という言葉が出てきます。
自分自身の内面(インサイド)から外(アウト)に働きかけるという事。つまり、“影響を受けるより、影響を与える”という考え方が書かれています。強制的な働きかけは影響と考えず、周りの自発的な変化を影響と考えるならば、単純に考えても決して簡単なことではないですよね。しかし、真の成功を語るならば、
技術の成長だけでなく人間の成長が不可欠だと感じさせるきっかけになった言葉です。
そして、本文のはじめの1~3の習慣では、①「主体性を発揮する」②「目的を持って行動する」③「重要事項を優先する」これらは私的成功に関係する重要な項目です。
これにより自分の反応をコントロールすること、つまり選択する能力が高まりました。そして、自分のミッション・ステートメントを作り、自分の行動の基礎を持てるようになり、緊急なことに振り回される事なく、重要でないことに流される事なく、重要な事を優先する大切さを学びました。

その上で、4~6の習慣は、④「Win-Winを考える」 ⑤「理解してから理解される」⑥「相乗効果を発揮する」という公的成功につながる項目になるのですが、色々な場面でも信頼を元手に人と協力体制を築き、より大きな成果の達成を目指すことを学びました。これらはすべて私的成功の土台としてのみ成し得るものです。
そして最後に7番目の習慣として、⑦「刃を研ぐ」というすべての習慣を支える、人生の4つの側面の維持についてです。
4つの側面(肉体・精神・知性・社会/情緒)にバランスよく取り組むことで、自分自身を維持することができるというもの。
肉体とは、食事と休養と運動に取り組み、主体性を発揮できる高いエネルギーを手に入れる事。
精神とは、揺るぎのない穏やかで明朗な心を持つ事。知性とは、読書をはじめとして先人たちの知恵や知識を学び、適切なアウトプットによって知的側面の刃を研ぐ事。
社会・情緒とは、社会における良好な人間を築くことで、情緒的な安定を得る事。

この4つの側面についてですが、私は毎年ニュージーランドで新しいスノーシーズンをスタートさせます。次のシーズンをどんなシーズンにしたいかを考え、そこで目標設定を行い、その内容には必ずこの4つの側面に関するテーマも毎年設定しています。
簡単な項目ですが、睡眠の時間、食事の量の管理、運動量の管理、読書の時間、学びの新しい挑戦など、今年はポストイットを使ったワークショップを行いました。色々やりたいことを整理し優先順位と全体のバランスを図るのです。
まさに、7つ目の習慣は私にとってバランスを取るための重要な役目を担っています。

20年間、私の近くにはいつもこの本がありました。何か迷ったりした時には何度も読み返しました。私のバイブル的な書物であり、なりたい自分を見つける参考書でもあります。
よく考えるのですが、私の周りにいる仲間をはじめ、ご縁のある方々に対してどんな「インサイド・アウト」が出来ているかと考えます。私にとって仲間はかけがえのない財産です。
十分な事ができていない力の無さを痛感するすることもよくあります。しかし、少しずつでもより良く成るように努力していきたいと思っています。そして、これからも仲間一人ひとりを大切にしていきたいと思っています。
これからの事を考えると「杉本孝次が杉本孝次でいられる様、精一杯努力」といったところでしょうか。誠実に続ける先に成功あると信じています。
周りの仲間、家族、そしてご縁のあるすべての方へ感謝の気持ちと継続する努力を忘れずに、今シーズンも頑張ります。

平成26年12月 杉本孝次




copyright