Rider’s Identity -大島さくら-

若い世代の女子選手として急速に成長を遂げる大島さくら選手
急速に見える成長には、彼女が生まれ育った土地やそこでの出会いがありました
アスリートがじっくり育まれていくショートストーリー

皆さん初めまして、大島さくらです。

白馬村スキークラブが運営をするスノーボードチーム『白馬スノーボードジュニア』に所属をし、競技活動に励んでいます。今年の春から地元長野県白馬村を離れ、愛知県で大学生活を送っています。そんな私が、スノーボードを始め、SGsnowboardsと出会い、世界を目指すようになったきっかけをお話ししたいと思います。

私がスノーボードを初めて履いたのは2歳の時。ウィンタースポーツが大好きな両親に連れられ、スキー場の端で一方的に乗せられていたそうです。その後も何度か乗っていたそうですが記憶にはありません…。

自分の意志でスノーボードをやりたいと思ったのは小学3年生の時、学校で配られたスノーボードチーム員募集のお便りに、興味が湧いたことがきっかけです。白馬村にはいくつものスキーチームがあり、周りの友達は皆それぞれのチームに所属をしていました。どのチームにも所属していなかった私は、友達がやっていないスノーボードができたらかっこいいのではないかと、軽い気持ちで習い事として始めたのが白馬スノーボードジュニアです。

はじめはコーチの後を追うことで精一杯でしたが、滑り方や地形での遊び方を真似する中で板の操り方を学び、全身が埋まってしまうほどのパウダーや、かくれんぼができるくらい大きなコブ、歩いて登れないほどの急斜面など、白馬の特殊な地形をコーチ達と遊び倒せるようになりました。そんな中、コーチがたまに履いてくるアルペンボードに憧れを抱くようになりました。アルペンを履いたコーチの、誰よりも速いスピードで深いターンの跡をつけながら降りていく滑り方は、フリースタイルではどんな真似をしても上手く再現できなかったからです。

小学5年生の冬、コーチからの勧めもありアルペンボードに初めて乗りました。憧れの深いターンとはかけ離れ、初日からコブに連れられて行き、半泣きで降りたのは今となっては良い思い出です。

深くてかっこいいターンを求めテクニカルも少しかじりましたが、早く滑った方が勝ちというシンプルなルールのスラロームに楽しさを感じ、ゲート練習に励むようになりました。

そんなある日、チームのナイター練習にシギーさんが来てくれました。誰よりも軽やかに、しなやかに、かつ、力強く滑る姿に感銘を受け、私もシギーさんのような滑りをしてみたいと思い、SGの板に乗ることに決めました。

後日、スラローム競技がオリンピック種目であり、シギーさんはオリンピックメダリストであることを知り、漠然とオリンピックを夢見るようになりました。

これが、私がスノーボードを始め、SGsnowboardsと出会い世界を目指すようになったきっかけです。

昨年は怪我に悩むと同時に感染症の世界的な流行と、その先の未来が真っ暗に感じ、競技のことを考えることが億劫になってしまうこともありました。しかしながら、その分自分自身と向き合う時間が増えた結果、ジュニア世界選手権に出場し決勝に勝ち進めたことは私にとって大きな成果であり良い経験となりました。

こうして競技を続けられているのはプライベートコーチでもあるモーリーさんのご指導があるからだと考えます。

競技活動をしていて感じることは、アルペンスノーボードがいかにマイナーな競技であるかです。また、近年では営業が困難になってしまうスキー場が増え、日本人のスノースポーツ離れが加速していることもひしひしと感じます。いち競技者として、アルペンスノーボードの魅力を発信し、雪で遊ぶことの楽しさをより多くの人に知ってもらえる活動をしたいです。そして、たくさんの人たちがスキー場で楽しい冬を過ごしてくれたらなと思います。

これからも、SGsnowboardsと共に夢の舞台に向け励んでいきたいです。

応援の程、よろしくお願いします。

大島さくら


p1 白馬の山々に囲まれた練習環境
p2 2019年アジアカップ
p3 2021年北海道選手権
p4 2021年ジュニア世界選手権
p5 21/22シーズン初めのヨーロッパ遠征
p6 距骨骨折のリハビリ
p7 年に数回のスキーの日
p8 ワクシング