SG SNOWBOARDS
商品ラインナップ イベント情報 SGインフォメーション STYLE SGライダーの紹介 ユーザーレビュー 商品保証について 取扱店
Rider's identity 5 -戸田大也-
Rider's identity 4 -杉本孝次-
Rider's identity 4 -西原秀彰-
Rider's identity 4 -後藤克仁-
Rider's identity 4 -片山雅登-
Rider's identity 4 -木村佳子-
Rider's identity 4 -大森厚毅-
Rider's identity 4 -小北聖子-
Rider's identity 4 -高橋恭平-
Rider's identity 4 -斯波正樹-
Rider's identity 4 -工藤英昭-
Rider's identity 4 -吉岡健太郎-
Rider's identity 4 -勇上華子-
Rider's identity 4 -宮尾貴明-
Rider's identity 4 -清水寛之-
Rider's identity 4 -秋山 浩範-
Rider's identity 4 -戸田大也-
Rider's identity 4 -鈴木湧也-
Rider's identity 3 -杉本孝次-
Rider's identity 3 -西原秀彰-
Rider's identity 3 -小北聖子-
Rider's identity 3 -高橋恭平-
Rider's identity 3 -大森厚毅-
Rider's identity 3 -後藤克仁-
Rider's identity 3 -木村桂子-
Rider's identity 3 -片山雅登-
Rider's identity 3 -勇上華子-
Rider's identity 3 -斯波正樹-
Rider's identity 3 -吉岡健太郎-
Rider's identity 3 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -杉本孝次-
Rider's identity 2 -西原秀彰-
Rider's identity 2 -工藤英昭-
Rider's identity 2 -木村桂子-
Rider's identity 2 -勇上華子-
Rider's identity 2 -佐藤圭-
Rider's identity 2 -後藤克仁-
Rider's identity 2 -小北聖子-
Rider's identity 2 -片山雅登-
Rider's identity 2 -大森厚毅-
Rider's identity 2 -白川尊則-
Rider's identity2
-北海道〜東京縦断プロジェクト-
斯波正樹と吉岡健太郎に聞きたい
11の質問
Rider's identity -杉本孝次-
Rider's identity -西原秀彰-
Rider's identity -木村桂子-
Rider's identity -工藤英昭-
Rider's identity -勇上華子-
Rider's identity -佐藤圭-
斯波正樹+吉岡健太郎
北海道〜東京ロードバイク縦断
Rider's identity -斯波正樹-
Rider's identity -後藤克仁-
Rider's identity -小北聖子-
Rider's identity -片山雅登-
Rider's identity -吉岡健太郎-
Rider's identity -大森厚毅-
Rider's identity -白川尊則-
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.3
より長く弊社製品を
ご愛用いただくために
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.2
白川尊則のイメージ
スノーボーディング vol.1
2013 models Impression
吉岡健太郎インタビュー
けんちゃんが世界を行く!
2012 Models ライダークロストーク
SG Plate System 使用レポート
EU漫遊記 Vol.4
EU漫遊記 Vol.3
EU漫遊記 Vol.2
EU漫遊記 Vol.1
FULL RACE? それともFULL CARVE



スキーが大好きだった木村桂子が
スノーボードが大好きになっていく
大好きなスノーボードが上手くなるには善き出逢いがあったから
出逢いはスノーボードをもっと好きにさせてくれます
words by Keiko Kimura



私がスノーボードと出逢ったのは、一緒にskiをやっていた友達が「スノーボード」という新しいものを持ってきたのが始まり。
それまで私は、ski大好き人間。SKI NOW世代で (SKI NOWと言うテレビ東京系列でやっていた深夜番組)、私が住んでいる山形の多くは、小学生から高校まで冬の体育授業がSkiになります。
社会人になってからもやはりskiが大好きで、休みの日やナイター、海外に行ったり山に篭ったり、とにかく滑っていました。
そんな私がスノーボードをやってみる事に・・・。
その時は全く滑れませんでした。転んでばかりです。膝にあざを作りました。
後日、また挑戦。
その時skiをイメージして、ポール(ストック)を持ったイメージでトライ。そしたら滑れたのですッ!
それからスノーボードは愉しいかもッ!、と思いはじめたらどんどん滑れるようになりました。

後日、スノーボードSHOPに連れて行ってもらいました (そこが私の所属するPRO SHOP ZIEALでした)。
それからは、SHOP ZIEALのTEAMに入れてもらい沢山教えてもらいました。
店長のスノーボードを見る目は凄いです。私が今まで向上し続けられたのも店長のお陰。
今でも私を応援し、アドバイスをしてくれ、とにかくスノーボードが大好きな店長に出逢えたから今があります。

スノーボードを始めてからはドンドン吸収し、努力し、楽しみ、いろんな事に挑戦したいと思えていました。
それは今でも変らないです。
もっともっとスノーボードを知りたいと思うし、ドンドン愉しいと思う事が増えています。
技術面では、今まで見つけられなかったパズルのピースが見つかり、「繋がったぁー!!」と、思える事が本当に増えています。
それはギアに対しても同じで、新しいボードに乗ることで解ったり、ブーツやセッティングを変えることで知ったり、プレートがそれを気づかせてくれたり、ソフトブーツを乗ることで感じ取れたり、本当にいろんなところで「なるほどッ」と愉しさが増えています。

始めた頃はインストラクターの資格を取り、その後レースに出たいと思い、レースをやりプロになり、テクニカルに挑戦したいと思い、大会に出てデモ資格も手にすることが出来き、今はやっぱりフリーライドを基本にしつつ、レースが愉しいと思い、レースをメインにスノーボードを愉しんでいます。
レースをやっていても感じさせられることが多く、どんなジャンルにも共通する事があるなぁ・・・と、最近また思う事があります。
レースは規制されている所を滑ります。ターンの始まりの大切さやターンの仕上げ方、加速していく運動だったり、減速を上手く活かしていくなど、ターン効率の良さ、コントロールで勝ち負けが出ます。
スタートは本当に難しいです。(勝負にはもっと沢山のことがありますが、今私が重要と思っている一つです)
練習やフリーライド、テクニカルシーンをやっていても思いますが、ボードコントロールがとても重要です。
斜度のあるバーンやアイスバーンなどでも、ターンの始まりが遅ければ、プレッシャーをかけるタイミングが遅くなり、ドンドン下に落とされます。そうなると、ゲートの中では間に合わず、レースで言ったらDQになってしまいます。
それと同じ事が、フリーライドでもテクニカルでも起きると思います。
ただ規制されていないから、どうにか滑り降りているという事に過ぎないのではないかと思うからです。
誰もが怖いのは嫌だと思います。 安心・安全に滑れた方が、快適度は上がるし、愉しいなぁと感じれるのではないかと思います。

そして、まだ進化し続けられるじゃないかと自分で思えます。
そんな風に思えるのも、知る事が出来たのも、今の私のライディングがあるのもmacさんとの出逢いがあったからです。
Mac遠藤氏と言ったら、私の中では雑誌の中の人でした。
始める時に読んだ私の教科書が「SNOWBOARDING MASTER2」
や「CARVE」だったから。
これに書いてあるページをコピーして、ポケットに忍ばせナイターで練習したこともあります(笑)


Macさんとの出逢いは、ZIEALの店長がぜひmacさんに米沢に来て欲しいとmollyにラブコールし、米沢スキー場へ来てくれたのが一緒に滑るきっかけでした。その時は今のように一緒に滑る機会は少なく、レースをメインに活動していた私は、とにかくゲート練習をメインに考えていたので、海外遠征はスイスへ行き、ISTと言うチームで二コラと言うコーチに指導してもらっていました。(mollyもISTチームの日本人コーチでお世話になりました)
そんなシーズンを3-4年くらい過ごしていたのですが、ある時ライディングを見直すこと・考えることがありスイスに行くことを止めました。

そして考えた結果、macさんが行っていたアメリカに自分も一緒にトレーニングさせて頂きたいと伝え、同行させて頂くことに。
やっぱり、カービングをしたかった。フリーランで出来ないことは、もちろんゲートの中でも出来ないとやっと判ったし、
macさんのようにどんなところでもどんな状況でも滑れるようになりたかった。ゲートのセットもいつも同じではないので、どんな状況にも対応したいと思い、ならばやっぱりmacさんに聞きたいと思いました。

ヨーロッパでの練習・町

その頃は、日本でのシーズンが始まる前にアメリカでトレーニングし、沢山学ばせてもらいました。
ターンの事・運動の事、そしてアイテムの事など、それまで体感したことがなかったライディングやそうなる考え方など、凄く私には充実した内容でした。

今でも一緒にトレーニングさせてもらい、「なるほどッ!!」、「凄い!!」と思わせられます。それは今でも毎年進化しているmacさんを目の前に出来ているからです。フリーライディングはもちろんですが、ゲートでも凄いです。いつも勉強になります。

そのお陰で今でもスノーボードが愉しいし、いや、益々愉しくなってきたと思っています。

先シーズンなにげなく撮った写真ですが、よくみると、このお三方は私にとって影響を与えてくれているお三方です。左からmacさん・店長・molly

そして、その時はわかったッ!、と思っていた事が、数年経ってから「あー!!!そっかぁ!!」、と思えることにも出逢えています。
すぐその時に理解し出来るのがベストですが、確実に自分のものに出来るには時間がかかりますね。
初めのわかったは、「つもり」なんですよね。わかった「つもり」から、「確信に」出逢うと、体感がまた違うなぁ、と私は感じています。大げさかもしれませんが、skiの時にアドバイスされていたことが、今になってなるほど!、と思えることすらあります。(笑)
Skiの歴史にはスノーボードはまだまだ浅いですが、ライディングには共通することが沢山あると思います。
そしてSG snowboardsに移籍してから、益々そう思えるライディングにも出逢わせてもらっています。

そして、多くのスノーボード愛好者の皆さんと沢山の発見が共にできればと思っています。
ぜひ、私がホームとしている米沢や天元台に滑りに来てみて下さい。試乗会やcampなどでも、機会があればぜひ一緒に滑りましょう!! 
そして、私が理想とするライディング(私のバックボーンでもある)を見たい方は、ぜひエコーバレーで生macさんの滑りを見て下さい。
今年も沢山の出逢いがありますように。


木村 桂子


copyright